スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
佐々木小次郎
2008-04-14 Mon 17:56
なんか佐々木小次郎の事好きなのかもしれない俺

Fateでもアサシン大好きだったし

こんな糞ゲー買うかよバーローwwwwwwww

とか言ってた無双オロチ魔王再臨に

佐々木小次郎がでる

それだけで買っちゃった俺は・・・。

でも誰をサーヴァントにする?ってきかれたら

きっと俺はランサーを選びます

でも俺優柔不断だから

実はアーチャーとライダーも選びたいとか思ってます

MHP2Gは特にやることもなく

キリン装備のエロさにただただ陶酔しています

メルブラはもうダメポです

PSコンからレバコンに乗り換えるのがここまで辛いとは・・・

挫けそうです、いやマジで。

最近ちょっとだけギルティやってます

イノ使えるようになりたい

やっぱギルティは難しい

ロマキャンとかタイミング掴めないwwww

いつになったら青キャン完璧になるんだろ

bye
ある人が言った。

「今の自分は最悪、寝て起きた明日の自分はいい自分」

そんなわけがあるもんか。

どんなものだって行動しなけりゃ変われない。

そんな洗脳だけで世界が左右される事はない。

寝るだけで変わる事なんて日付だけ。

下らない妄想は辞しておこう。


またある人が言った。

「こんな世界は嫌だ、早く死にたい」

馬鹿かお前は。

皆がどう思うか知らないが、通常「世界」と言うのは自分の周囲を取り囲む環境だと思うのだ。

もし、彼の言う世界が地球丸ごとの世界を指すもので、其れに指摘をするのなら。

何十年、何百年とかけて世界中を駆け巡り

全ての国の文化を理解しなければ指摘する事は許されない。

尤も、人間のちっぽけな一人生の中でそんな話が大成される事はない。


とすれば彼の言う世界とは前者の自分の周囲を取り囲む環境、ということになる。

「それ」は自分が生きて人と接触する事で、知らず知らずに自分自身も「それ」に影響を与え続け、与えられ続け、構成されていくものだ。


「世界」の中で誰かが死ぬ、という事を例にしてみる。

後者の世界だとどうなるか。

~の国で~さんが亡くなりました。

こんな事をニュースで聞いた所で当然悲しいとも思わないし、辛くて涙が出るわけでもない。

人間として殺人などの他者からの干渉によって人生を絶たれた、などという話なら憤りを感じるものもいるだろう。

だがそれは所詮自分の枠の外で起きた出来事なのだ。

当然自分には何も影響しないし、周囲の環境が変わることも無い。

俺の考えから考察すれば「元より何も起こらなかった」と同義。

そんなものは死にはならないと認識できる。

つまりは俺自身が言う「それ」には干渉しない出来事という事になる。


では前者ではどうか。

自分の親族、友人が死ぬ。

つまり「世界の住人」が死ぬ。

そうなった場合正常な人間なら悲しいと思うのは必然だし、涙が出るほど辛い場合もある。

死の原因が他者からの干渉による物ならば、その当人に対して憤りを感じるどころか恨みを持つ。

通り越せば殺人願望に変わるかもしれない。

そして死んだ人物が自分の「世界」の中心にいればいる程、「それ」に多大な影響を及ぼす。

そこまでやって初めて死を迎える。

これで俺自身がいう「それ」に干渉し、世界を変える出来事となるのだ。

それと同時に、その人物の死後に世界は再編成される。

自分の近くにいればいる程新しい「世界」を創世するための変革には時間がかかるし、疎遠ならば変革にそう時間はかからない。


目の前に在り、常に変革を繰り返す「それ」を否定し、嫌悪すれば自分自身を拒絶する事になる。

だが「それ」を作り上げたのは自分。

極端に言えば、自分がこの「世界」の創世者と言える。

ならば「それ」を変えるのは難しいでは無い。

世界を変える事など児戯に等しい事なのだ。

なぜなら自分がやりたい様に行動すればいいだけなのだから。

そうすれば自ずと「それ」は変革を起こし、否定と嫌悪の世界から救ってくれるだろう。


彼は死にたい、と言っていた。

それが真意か注意を促して欲しいのかは知らないが、死ぬのなら考慮して欲しい。

君の死が君の「世界の住人」に干渉し、変革を起こすという事を。








厨2病クオリティで俺の考え晒しましたwwwwサーセンwwwwwwwww
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<うはおk | 自宅警備日記 | >>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 自宅警備日記 |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。